いせたつの「挑戦者たれ!」

日々心の徒然をそのままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

豪雪

今年は豪雪らしい。

いつも雪と戯れているのでホントにそうなのかなと思う。

この一ヶ月でよくよく考えて見れば雪害に遇っている。

まず雪の固まりが落ちて来て車のフロントガラスが割れた。

山に滑りに行ってクラックに落ちて膝の内側靭帯を伸ばした(現在も装具装着中)

極め付けは不動産業者としてお客様に土地を現地案内した。

「真っ白で何も見ぇねぇ~」状態です。

しかし雪国に暮らしている人間としては、

大なり小なりこれが当たり前であり、

ニュースで「雪の被害、大変ですよねぇ」と

気の毒そうにのたまうアナウンサーを見ると殺意すら覚える(笑)

雪国の人間は全てを受け入れている。

そして耐え忍んでいることが日常だから

当人達は何とも無いのだ。

ウッセエゾ、バーロー!


スポンサーサイト
  1. 2011/02/21(月) 20:35:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年初!

今年初のブログだ。

自らの内を外に表現していないだけでしっかりと生きている。

言い訳がましいな。

今年は「楽天家」でゆく。

イギリスの政治家チャーチルの言葉。

「楽天家は困難の中にチャンスを見出す。
悲観論者はチャンスの中に困難を見る」


今年もガンバルぞ~!

  1. 2011/02/12(土) 19:52:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

大晦日

今年もあと数時間で終結する。

色々なことがあった。

今、心身共に充実して新年を迎えられることに感謝だ。

願わくばこれからも「大晦日」は

こんな平穏な気持ちで新年を迎えられるよう

日々努力しようと決意する。

人は決して一人では生きられない。

人に支えられてこの「大晦日」を迎えることが出来た。

自分と関係ある全ての人々に

「ありがとう」

  1. 2010/12/31(金) 20:46:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

師走

もう12月。

年末または師走。

今年も色んなことがあった。

人との出会いと別れ。

挑戦したこと、挫折したこと。

喜怒哀楽の無限ループ。

思うことは年々この師走の到来が来たと

実感するサイクルが短くなっていることだ。

いつも今を大事に思っていないと、

多分人生に感動はない。

今という瞬間が二度と無いという

スタンスを持っていれば、

目の前に映る情景が愛おしく感じるはずだ。

人は愚かなので過ちを犯して反省を繰り返す。

だからこの師走のこの時期に

自分の内面に矢印を向けて

対峙することが大切なんだと感じる。

  1. 2010/12/06(月) 20:14:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生きる

「生きる」ということ。

先日、立山の雪崩で仲のいい友人の弟さんが亡くなった。

病院で最後のお別れをした。

彼の顔や髪を撫でながら涙がとめどもなく流れてきた。

色濃く生きるとはどういうことだろう。

竣烈な自然に対峙すると、

自己の存在はすごくちっぽけで儚く感じ、

その反面痛烈に生きていることを実感する。

彼の生きてきた想いは、

きっとみんなの胸の中で永久に生き続けるだろう。

合掌。

  1. 2010/12/05(日) 20:52:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新たに

前々からラブコールを受けていた「ロータリークラブ」に入会することになった。

本日初めて例会に参加した。

今42才の自分がダントツに若い!

自分のオヤジ位の年代の方もかなりいらっしゃる。

義理人情で来られると「NO」と言えない性格なので、

誘われたとき速攻で入会承諾の返事をした。

こんなシーンでいつも自問自答すること。

「出来ない理由」を探すのではなく、

「出来る理由」を探そうと思う。

  1. 2010/12/02(木) 18:02:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々に

長い間このブログを放置してしまっていた。

存在すら忘れていた程だ(汗)

心機一転、不定期ながら心の赴くままを綴っていこうと思う。
  1. 2010/11/30(火) 22:58:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サッカーワールドカップ

四年に一度の「サッカーワールドカップ」が終結を迎えた。

日本代表選手の戦う姿に心打たれた。

閉塞感漂う今の日本国民に夢と希望を与えてくれたと思う。

「同じ目的・同じ志」を抱いて突き進む組織の力。

仲間を信じ合い、助け合い、一丸となって戦った。

悔しくもパラグアイ戦では無念のPK戦で負けてしまった。

日本代表選手の悔し涙を見て美しいと感じ心が清々しくなった。

この日本選手団を結束させた

リーダーの岡田監督の言葉に感銘を受けた。

「誰でも悪いときが必ずある。
 それは次に成長するためのものだ。
 簡単に諦めずに立ち向かっていく勇気をこのチームは示してくれた。」

『「人間万事塞翁が馬」
 =人間の運命や禍福は定まりがない。
  いつ何時、災いが福に、福が災いに転ずるか分からないのだ』


感動を感動をありがとう!

40.jpg
61.jpg
59.jpg
77.jpg
56.jpg

  1. 2010/07/12(月) 06:12:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ココロの位置

最近「不景気なので仕事が調子良くない」

というハナシばかりだ。

日本の年間自殺者は3万人余り。

日本は欧米先進国と比較すると世界NO.1の自殺率となっているらしい。

これはどういうことか。

生きるという人間本来の欲求と

「ココロの位置」の関係だと思う。

絶望感の感じる度合いはその人本人しか分からない。

発展途上国では自殺する人は殆どいないらしい。

それは人間の本能に忠実なだけ。

「生きたい」という欲求は本来何よりも強いはずだ。

その前提の上で「自殺」という問題は先進国の病だ。

先進国である日本で生活することは複雑なのかもしれない。

でも「生きるということ」を放棄するのはいけない。

数年前に無くなったお祖母ちゃんがいつも言っていた。

「お天道さんと米があれば生きていける」と。

究極は広大な宇宙の中で

ちっぽけな己が生きていること。

そのこと自体に感謝するキモチだ。

今自分が感じている「ココロの位置」をどこにおくか?

最近そんなことを常々考える。

またまたクドイ。

  1. 2010/06/23(水) 21:23:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Wall of the left

「Wall of the left」
P1380036.jpg
P1380037.jpg
P1380038.jpg
P1380039.jpg
P1380040.jpg
P1380041.jpg
Location:Hakuba WashBoard
Photo :"SlowSurfer Ichirow" Thanks!
Rider:I
  1. 2010/06/23(水) 21:13:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Profile

いせたつ

Author:いせたつ

Latest

Comments

Trackback

Archives

Categories

Counter

Counter

現在の閲覧者数:

Search

Links

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。