いせたつの「挑戦者たれ!」

日々心の徒然をそのままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

地球高温化

「地球温暖化」は生易しいので、

「地球高温化」という言い方が出ているそうだ。

まさしくそう思う。

趣味が天気予報という位、

毎日チェックしている。

天気に合わせて山や海に繰り出しているので非常に敏感だ。

まず今冬は降雪量が格段に少ない。

この時期日本海側は西高東低の気圧配置がバッチリ決まる。

まずこの冬型の気圧配置が今冬は長続きしない。

そしてこの時期には珍しい南岸低気圧が度々到来する。

これ自体異常だ。

山ではこれだけ寒暖の差が激しければ、

積雪内部には弱層が生まれるので、

雪崩の原因になる。

そしてこんな急激な気温変化の激しいシーズンは、

雪崩が危険度大になる。

今冬は山に入っていつもシグナルを感じる。

自分の周りだけでも自然のヤバイ変化を感じるのだから、

地球規模になるともっとだろう。

今世界経済が危機に瀕している。

しかし優先順位で成さねばならないことは環境問題だろう。

別に自動車メーカーが無くなってもいいではないか。

つい近年までは徒歩か馬だったのだから。

江戸時代の生活が究極のリサイクル文化だそうだ。

不便を楽しむ時代が必ず到来する。

利便性からは破壊しか生まれない。

心があればどんな境遇でも本来人は生きていける。

スポンサーサイト
  1. 2009/02/27(金) 20:18:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LIFE

あるサーファーのコトバ。

「人間の一生は、根気よく何かを達成するには十分長いけど、
無駄な時間を使うにはお話にならないほど短いんだ」


刹那を享受する感性が必要だ。

今を生きていると感じられる瞬間を持続すること。

そこに妥協はない。

「LIFE=人生」

その彩りは自分が決める。

  1. 2009/02/26(木) 20:33:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

友情

「友情」というコトバが大々好きだ。

自分も40年間という期間を生きてきて

大なり小なり希望と挫折を繰り返してきた。

青年期は挫折ばかり。

その繰り返し。

今は「友」に対して希望しかない。

今思えばこれまで自分のキャパが圧倒的に少なかった。

今は自分と共に過ごした友は

たとえ一瞬でも永久だと感じる。

友の為なら自己犠牲も厭わない。

子供にもいつも言う。

人に必要なのはお金でも権力でもない。

本当に必要なのは、

「そばにいてほしい人がいつもいること」である。

だからこそ、

大切な人の事を真剣に考えてもいいのではないか。

  1. 2009/02/23(月) 21:00:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

試す

最近自分のペースで予定が組める。

だから今まで経験していない

未知の事もどんどんやる。

とりあえず試してみる。

ビジネスもプライベートもとことん

自分のペースで突っ込んでみる。

今の環境は一年前と比べて全く違う。

いい意味でも悪い意味でもだ。

だからこそ心に忠実に

今「試す」というキモチを大切にしたい。

毎日は24時間しかなくて

どんな人にも平等に過ぎていく。

時には今日は怠惰に過ごしてもいいと思う日があってよい。

それはこの時こそやるという助走の

きっかけであるならば。

だからこそ何でも「試す」の精神を

奥底に持ちたい。

そしてその通り実践する。

  1. 2009/02/22(日) 21:07:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

性格

性格は基本的に変わらない。

血液型・星座etcの占いがある。

人は自分の性格がマイナスに思っていることが大多数だろう。

だからマイナスの不安を補う為に、

良い自己暗示にかかりたいが為に

占いに没頭するのだろう。

でも自分ではマイナスの事が

実は人にプラスの面を見せていることが多い。

人にプラスの影響を人に与えていると実感したら

これほど嬉しいことはないだろう。

必ず与えていると信じる。

何を言いたいかというと

性格は「個性」なのだ。

これにはいい悪いは無い。

その個性を卑下することなく、

そのまま進んでいくのがいい。

勿論人に迷惑をかけたり、

人の道を外れているような人は論外だ。

人の性格を見る時はとことん優しく。

自分の性格を顧みるときはとことんシビアに。

色々言っても、

まぁあがきでしかない。

所詮こんなカタイBlogしか書けないオレも

性格の表れなのかなぁ。

  1. 2009/02/19(木) 19:41:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

蜜柑

幼少の頃はいつも「みかん」を食べていた。

最近は殆ど食べていない。

記憶がおぼろげだけど、

冬の家のコタツの上には

「みかん」が山積みになっていた。

コタツに足を突っ込む人が増えてくると、

お喋りしながら「みかん」を剥くのが儀式だった。

酸っぱい「みかん」と甘い「みかん」があって、

そのロシアンルーレットぶりも楽しかった。

皮を一緒に食べる派と

皮を剥いて食べる派もあって

そのしょうもない議論も楽しかった。

自分が幼少の頃は手の爪が黄色くなるほど食べた。

そこには多くの時間の家族の語らいがあったはずだ。

「みかん」を求めて人が集まる場があった。

今日からまた「みかん」を食べよう。

Citrus_unshiu-温州蜜柑-2_convert_20090214213226

  1. 2009/02/14(土) 21:14:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

人の距離

人との距離感を大事にしている。

いくら親しい人との間でも緊張感を持っていつも接している。

だから会話の中でも必要以上に

その人のことを根掘り葉掘り聞くことはしない。

信頼している人なら、

一緒にいて会話がなくても幸せだ。

勿論必要あらば理詰めで議論も大切だ。

それはあくまでも議題があってのこと。

スタンスの問題だと思う。

普段はどちらかというと

おとなしい人でも

イザという時に行動する姿を見たならば

その人の存在感と信頼は

その時が基準となる。

いつも人の内面を探るときに

「聞くだけ野暮」と思っている。

その人の行動から

その人なりを信頼したい。

だからこそ

人との大人な距離感が大切だと思う。

  1. 2009/02/13(金) 20:46:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本人

最近新聞を見る度に溜息が出る。

いつの間に日本人はこんな民族になったのか。

グローバルスタンダードは日本人には合わない。

もともとそういう考えはない。

年功序列や企業倫理が喪失した。

今その歪みが出ている。

元来日本人の大切にしているものは心の中にそれぞれ持っていた。

それが今目の前にあることしか信じられなくなっている。

現実主義、刹那主義。

本当はその奥にある心で考える何かが大切なのだ。

政治や官僚を見ても寒くなる。

その奥底にあるのは己の利権に固執する姿しかない。

自らの身を呈して事を成そうという政治家は今存在しない。

本当の日本人は自己犠牲も厭わない

利他の精神に満ち溢れた人種なはずだ。

困った人がいればほどこしを成さずにはいられない

そんな人達なのだ。

今北方領土はじめ、

領土問題がある。

これは国家の課題だ。

しかし日本のトップは世界に対して付和雷同な態度をするばかりだ。

これに納得いかない国民が少ないのが問題だ。

我々が自分のことを日本人として意識しているのか。

領土問題に関しては頑固として主張しなければならない。

民草から自国の主権を主張しなければならない。

歴史認識が浅いのも問題だ。

今はヒロシマの原爆よりも

911テロのほうが重大な事件だと思われているのではないか。

虐殺された人の数はヒロシマに比べ物にならない。

そのことを今日本人は忘れている。

そして今日本人は弱すぎる。

昔の「サムライ」が今の日本人を見たらどう思うだろうか?

我々は筋を通し、

かつ生き様を見せる。

そして世界に認められる

日本人たるリーダーを今生み出さなければいけない。

  1. 2009/02/12(木) 20:18:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またしても

SOULな気分。

SWEET SOULの名曲。

Smokey Robinson & The Miracles 
「Ooo Ooo Baby」1965


ボクタチが生まれる前の曲。

44年経った今、

このレコードに針を落とす。

魂(SOUL)が響く。

miracles.jpg




  1. 2009/02/11(水) 20:10:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

返謝勇往

射水JCの石灰理事長が会社に遊びに来てくれた。

彼の本年度スローガンは、

「返謝勇往(へんしゃゆうおう)」

その意味は、

「感謝というのは、ありがたいと心で思うだけでなく、
ありがたいと思った事を、人にも同じ喜びを与えて、
初めて感謝が完成するものだ。」


素晴らしい言葉だと思う。

彼と小一時間ばかりお話させてもらった。

実は遊びに来てくれて、

小躍りする位嬉しかった。

思いを誰よりも抱いた男との会話は面白い。

組織を牽引するリーダーとして彼の姿は輝いている。

自分が昨年の今頃どんな心でいたかを瞬時に思い出した。

彼との話は大半がお互い大笑いするような楽しいひと時だった。

これから射水JCの事業が本格的になる。

そして自分も彼のスローガンに忠実に、

そして率先して行動したい。

何よりも石灰理事長には、

くれぐれも健康第一で頑張ってもらいたい。

心の底から応援してるよ!

  1. 2009/02/10(火) 20:11:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家訓

3人の息子がいる。

家訓という大そうなものではないけれど、

いつも子ども達に言い続けていることがある。

それは、

1.靴を揃える。

2.挨拶をする。

3.正直であれ(嘘をつくな)


このことだけだ。

この3つは人が生きていく上で

最重要だと考えている。

この3つが己の中の礎となった時に、

この子達が人として評価されると思う。

  1. 2009/02/09(月) 19:48:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生きがい

生きがいは自分で創るもの。

幸せを創るということは、

生きがいを創るということ。

これは義務ではなく、

自らが幸せの喜びを感じることが生きがいということだ。

自分にとっての生きがいとは何かと考えてみた。

そうしたら今の自分を取り巻く環境全てということに気付いた。

自分にとって必要なものは必ず残る。

不必要なものは淘汰される。

これは生きていく上での

自然の摂理かもしれない。

家族や友人や仕事や山や海。

それからmore&more・・・・。

生きがいとは、

これから年齢を重ねるに従って、

多分だけど、

自己犠牲も厭わない

愛する人の幸せかなと思う。

そう思えるのは、

今まで周りの人から優しさをいっぱい受けた。

その事に対する感謝のキモチからだと思う。

  1. 2009/02/08(日) 19:25:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

挑戦

先日念願のラインをメイクした。

白馬の奥の奥のライン。

そのラインは「白岳Zベンド」

まだ殆ど滑られていない(らしい?)

DSCN1122_convert_20090208092935.jpg

この左奥を限りなく目指す。

DSCN1126_convert_20090208093159.jpg

近づいてきた鹿島槍 。

スパインが美しい。

昨年この並びの五竜岳武田菱で

ある滑り手が亡くなった。

彼の滑ったラインはこの鹿島槍の「北壁Doze in heaven」

彼の功績に合掌。

P1030990_convert_20090208093524.jpg
Photo by slow surfer"ICHIROW"

そしてピークに近づくにつれ巨大なボウルが。

P1040057_convert_20090208093735.jpg
Photo by slow surfer"ICHIROW"

ハイク5時間の道のり。

ようやくドロップポイント。

急斜面で先が見えない。

少しビビるオレ。

DSCN1133_convert_20090208092500.jpg

DSCN1135_convert_20090208094013.jpg

P1040433_convert_20090208094352.jpg
Rider:real funky skier"ARAI"

ここからスティープなラインが延々と続く。

DSCN1137_convert_20090208095527.jpg
Rider:slow surfer"ICHIROW"

自然の地形を楽しみながら。

重力のままFallLineに落ちていく。

P1040230_convert_20090208082406.jpg
P1040231_convert_20090208082436.jpg
P1040232_convert_20090208082538.jpg
P1040233_convert_20090208082605.jpg
P1040234_convert_20090208082632.jpg
P1040235_convert_20090208082702.jpg
P1040236_convert_20090208082727.jpg
Rider:ISE  Photo by slow surfer"ICHIROW"

POWDERの感触をボードからGと共に感じる。

DSCN1131_convert_20090208142639.jpg

滑ったラインを見上げる。

DSCN1143_convert_20090208084055.jpg
Photo by slow surfer"ICHIROW"

「逆鱗」の氷爆。

アイスクライミングは到底オレには無理だな。

滑り終えた後は帰りが核心部。

滝を高巻きし、

雪崩のデブリ跡を乗越え、

雪が繋がってないところはクライムダウン、

そしてひたすら林道を詰める。

P1050234.jpg
Photo by slow surfer"ICHIROW"

最後は堰堤のカーテンコールの歓迎を受けて。

山麓に到着した頃には空がオレンジ色に染まっていた。

感慨深く、

そして決して忘れることの出来ない一日。

自然に感謝。

生きるって素晴らしい。

FEELING NOW!

  1. 2009/02/07(土) 21:39:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お日さま

お日さまは「太陽」だ。

この光がなければ地球は生きていけない。

また朝日は神秘的でもある。

富山県人ならば立山から昇るご来光に拝んだ経験はあるはずだ。

一説によれば太陽は母親を表すらしい。

全ての根源の象徴だろう。

今北陸は冬に閉ざされてる。

これから春の息吹を感じるのは

太陽の存在だ。

今冬では肌にやんわりと注ぐ太陽の力。

これからどんどんと力を増してゆく。

この日々の四季の移り変わりを全身で感じる。

そして全てのものに神様がいるという感謝の心。

その象徴が「お日さま」だ。

DSCN1123_convert_20090205211411.jpg

  1. 2009/02/05(木) 21:15:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生命力

最近健康が一番だと思ってきた。

いくら精神が充実していても、

いくら金銭的に充実していても、

身体が調子悪ければ人生を謳歌出来ない。

精神と身体のバランス。

この調和が自分なりに保たれていればベストだろう。

精神の幹が強固なものなれば

決して朽ちることはない。

肉体が朽ち果てても精神は残る。

精神は生きる力の根っこだ。

それが生命力たるゆえんだろう。

この木のように。

DSCN1124.jpg

  1. 2009/02/04(水) 20:26:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

好きな言葉

好きな言葉は「愛」

これは男なら最も照れる言葉だろう。

しかし心の中にはいつも存在する。

隣人への愛。

友達への愛。

恋人への愛。

家族への愛。

地域への愛。

祖国への愛。

人類への愛。

地球への愛。

こんな思いを表すとこのハーモニーになる。

DELFONICS
「La La Means I Love You」1968

403.jpg



  1. 2009/02/03(火) 22:51:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新年会

もう2月だが、

年明けから色んな新年会に出た。

大多数は「ためになる」新年会だった。

しかしながら途中で帰りたくなった新年会も少しながらあった。

事始めの宴ではその時の長が挨拶を冒頭に述べる。

圧倒的に今不景気なのでマイナスの言葉を述べる。

その瞬間に冷めて帰りたくなる。

虚勢でもいいから、

希望に満ち溢れた言霊を聞きたい。

この閉塞感漂う時世に必要なのは、

「夢を語る」ことである。

そんな言霊で新年の冒頭にガツンと心を揺さぶられたい。

そのことにより士気が上がる。

それが新年会の意味であり意義である。

  1. 2009/02/02(月) 22:36:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Profile

いせたつ

Author:いせたつ

Latest

Comments

Trackback

Archives

Categories

Counter

Counter

現在の閲覧者数:

Search

Links

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。