いせたつの「挑戦者たれ!」

日々心の徒然をそのままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

この夏

この夏というかお盆に嫁さんの実家に帰省した。

義父が独り暮らしをしているところに

大勢家族でお邪魔した。

いつもは義父と杯を酌み交わすのを楽しみにしているが、

今回は嫁のイトコの旦那と一緒に遊ぶ約束が最大の楽しみだった。

彼は自分よりも5歳年下だ。

お洒落で男前でありながらユーモアがある。

偶然の出会いで結婚する前から大阪でよく一緒に飲みに行っていた。

彼は自分のことを敬愛してくれ「超アニキ」と呼ぶ(笑)

最近会ったのは一年半前。

お互いスノーボーダーなので、

その時白馬で一緒に滑ったきりだ。

今回朝彼の自宅に車で迎えに行き、

関西人なら定番の「吉本新喜劇」を観に行った。

その後はアウトドアショップに行ったり、

健康ランドに行ったりした。

モチロン夜はお酒を痛飲した。

楽しいひと時だった。

たまにしか喋らないがお互い心は通じていると勝手ながら思っている。

もうお互いオッサンになって色んなしがらみが出来、

昔のように山で頻繁にパウダーセッションのような

リアルに心が通じ合う現実体験も今はない。

ましてやお互いの思想を共鳴しあう会話も。

そんなものはもういらない。

なぜならたった一瞬の、

その時共鳴したキモチがあれば

その絆は一生涯続くと信じる。

スポンサーサイト
  1. 2009/08/26(水) 20:17:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マスゴミ

今の日本のマスコミは呼び方が違う。

「マスゴミ」だ。

日本のマスコミは捏造報道や

ある事項については故意に報道していないことに気付いた。

マスコミによって情報が操作され偏向報道されている。

結果として日本国民が洗脳されている。

この背後には様々な要素が複雑に絡み合っている。

勿論思想の問題もそうだ。

今の日本人は自分で情報を的確に判断する能力が欠如していると思う。

このままでは真の「日本人」はいなくなってしまうのではないか。

昨年の9月に『南京の真実 第一部 七人の「死刑囚」』という映画を

自主上映する富山県での実行委員会のメンバーになった。

全国的にこの映画はマスコミに報道してもらえない。

反日や極左思想や日教組が喜びそうな話題ならどんどんマスコミは取り上げる。

だからこの手の問題を扱う映画は自主上映となる訳だ。

この映画上映の後に沢山の人と話をした。

まず圧倒的に自分を含む若い世代が歴史を知らない。

それは当たり前だ。

マスコミの偏見報道しかり、

まず教科書に載ってないし教えられていないからだ。

だから国家に属しているという意識が希薄だ。

「アナタは日本人?」

この定義も崩れてきている。

本来は真実を知らしめす役目であるマスコミの存在意義とは何ぞや?

「真の勇気は、第三者の目撃者のいない場合に示される 」
ラ・ロシュフコー


  1. 2009/08/25(火) 20:32:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感受性

「感受性が豊かな人」でありたいと思う。

決して表面に表さなくてもいい。

己の内面で噛み締めるのもアリだ。

感受性が豊かであるということは

「喜怒哀楽」がリアルに滲み出すということ。

そのほうが人生断然面白いではないか。

  1. 2009/08/24(月) 19:28:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

向日葵

DSC_0484_convert_20090812114712.jpg

DSC_0477_convert_20090812114911.jpg

久々に晴れ間が出たので「向日葵」を撮った。

夏を代表するこの花。

太陽に顔を向けてさんさんと降り注ぐ日光を浴びていた。

ひときわ輝く黄金色。

周りを明るくする人を

「向日葵のような人」と称する。

おー、やっと夏らしくなってきたぞ!

  1. 2009/08/12(水) 11:54:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

核問題

「核問題」について最近自問自答する。

以前までは「核廃絶」という考え方だった。

しかし平和ボケした今の日本を見ていて

そんな考えでいいのか?

と思うようになってきた。

8月になるとヒロシマそして

ナガサキ原爆に対して日本人として対峙する。

日本は世界で唯一の原爆が投下された被爆国である。

被爆国としてこの事実を未来永劫に伝えていかなければいけない。

核は全てを破壊する。

今だけではなく未来までも。

今世界のアメリカはじめ先進国は核を保有している。

そのことが外交の根底カードになっている。

日本は唯一の核を保有していない先進国である。

だから世界での発言力もあまりない。

理想と現実は違う。

「NO WAR」

このことは当たり前だ。

しかし核を持っている持たざるでは国際的な発言力が違うのも事実なのだ。

もういいかげん「いい日本人」はやめたらどうだ。

言葉で制することが出来なければ最終的には暴力で制する。

外交の縮図はこれだ。

理想主義でいくか、現実主義でいくか。

今の日本は理想主義でいくにはあまりにも認識が甘すぎる。

オバマ大統領が提唱する核廃絶は困難だと思う。

世界各国のリーダーが「よーいドン」で核を放棄するだろうか。

ましてや今の科学技術であれば核を造ることは容易だ。

人類は皆平和を望んでいる。

光と影は表裏一体であるように、

平和を構築する為には、

その裏で必要悪も必ず存在する。

日本は国家として

憲法改正を根底にし

核問題について真剣に考えなければいけないと思う。

  1. 2009/08/11(火) 21:30:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あづい

DSC_0472_convert_20090803161844.jpg

毎日ムシムシ。

梅雨が明けるやら明けないやら。

こんな不快な暑さはモー嫌だ。

気が付けばもう8月。

カラっと晴れ渡らんかい!

  1. 2009/08/03(月) 16:20:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新たな挑戦

ある組織でのリーダーに自ら立候補した。

任期は来年1月1日から2年。

自分の職業である不動産ビジネスという

カテゴリーでの組織体だ。

構成メンバー80社余の内、

大多数が自分より年上となる。

自分のオヤジに近い年代の方も沢山いる。

そんな環境の中で己がどれだけ出来るか。

今自問自答しているが反面やるしかない。

新たな挑戦に向けて心が躍る。

  1. 2009/08/02(日) 15:24:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Profile

いせたつ

Author:いせたつ

Latest

Comments

Trackback

Archives

Categories

Counter

Counter

現在の閲覧者数:

Search

Links

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。