いせたつの「挑戦者たれ!」

日々心の徒然をそのままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大晦日

今年もあと数時間で終結する。

色々なことがあった。

今、心身共に充実して新年を迎えられることに感謝だ。

願わくばこれからも「大晦日」は

こんな平穏な気持ちで新年を迎えられるよう

日々努力しようと決意する。

人は決して一人では生きられない。

人に支えられてこの「大晦日」を迎えることが出来た。

自分と関係ある全ての人々に

「ありがとう」

スポンサーサイト
  1. 2010/12/31(金) 20:46:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

師走

もう12月。

年末または師走。

今年も色んなことがあった。

人との出会いと別れ。

挑戦したこと、挫折したこと。

喜怒哀楽の無限ループ。

思うことは年々この師走の到来が来たと

実感するサイクルが短くなっていることだ。

いつも今を大事に思っていないと、

多分人生に感動はない。

今という瞬間が二度と無いという

スタンスを持っていれば、

目の前に映る情景が愛おしく感じるはずだ。

人は愚かなので過ちを犯して反省を繰り返す。

だからこの師走のこの時期に

自分の内面に矢印を向けて

対峙することが大切なんだと感じる。

  1. 2010/12/06(月) 20:14:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生きる

「生きる」ということ。

先日、立山の雪崩で仲のいい友人の弟さんが亡くなった。

病院で最後のお別れをした。

彼の顔や髪を撫でながら涙がとめどもなく流れてきた。

色濃く生きるとはどういうことだろう。

竣烈な自然に対峙すると、

自己の存在はすごくちっぽけで儚く感じ、

その反面痛烈に生きていることを実感する。

彼の生きてきた想いは、

きっとみんなの胸の中で永久に生き続けるだろう。

合掌。

  1. 2010/12/05(日) 20:52:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新たに

前々からラブコールを受けていた「ロータリークラブ」に入会することになった。

本日初めて例会に参加した。

今42才の自分がダントツに若い!

自分のオヤジ位の年代の方もかなりいらっしゃる。

義理人情で来られると「NO」と言えない性格なので、

誘われたとき速攻で入会承諾の返事をした。

こんなシーンでいつも自問自答すること。

「出来ない理由」を探すのではなく、

「出来る理由」を探そうと思う。

  1. 2010/12/02(木) 18:02:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Profile

いせたつ

Author:いせたつ

Latest

Comments

Trackback

Archives

Categories

Counter

Counter

現在の閲覧者数:

Search

Links

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。