いせたつの「挑戦者たれ!」

日々心の徒然をそのままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

母の日

昨日は「母の日」だった。

自分が仕事が早く終わり家のガレージに車を駐車をしようとした時、

息子達が自転車でどこかに出かけるところだった。

どこへ行くのか聞くと「母の日」の為に、

妻にプレゼントの「花」を買いに行くという。

とりあえずついていった。

長男はピンクのカーネーション、

二男はかすみ草、

三男はピンクの薔薇、

各々の個性で選んでいた。

レジの支払いで私がお金を出そうとすると、

長男は私を制し、

自分の財布から小銭を沢山出して支払いをしていた。

その思いを感じ取った瞬間に、

自分はその店から少し距離を置き、

息子達を遠くから見つめていた。

そして家で夕食の始まりに、

三太郎が各々恥ずかしそうに、

手紙や絵やらと共に各々が選んだ「花」をお母さんにはにかみながら

渡していた。


昨日の北日本新聞での記事だ。

1950年1月にアメリカミシガン州の病院で男の子が誕生した。

体重1,800gの未熟児。

生後40日に母親が医師に呼ばれた。

医師は赤ちゃんが光に反応しないことを告げた。

母親は息子が目が見えないことを理解した。

母親は事実を受入れるに従って

「神は何か特別な目的があって、赤ちゃんを生かしたのだ。

命ある限り、この子を愛し守っていこう」

と思うようになる。

この母親の赤ちゃんは後に盲目の音楽アーティスト

「スティヴィー・ワンダー」となる。

スティヴィーは米国最高の音楽賞グラミー賞に輝いた際こう語った。

「僕がここままで来れたのは、母の強さのおかげです」

そんな「母の日」。

スポンサーサイト
  1. 2008/05/12(月) 21:02:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<気迫 | ホーム | 射水JC野球部決起大会!>>

コメント

日頃の伊勢家の奥さんへの子供の感謝を感じます
父の日もそうありたいと、その日のブログを楽しみにしていますが、父親は見えない部分を支えているもの。でも、親に子供が感謝の気持ちを抱くのはほほえましいですね
  1. URL |
  2. 2008/05/13(火) 03:48:19 |
  3. buri #SXqQN8p6
  4. [ 編集 ]

涙が出ました。!!

感動しました!!

スティヴィーの話もよい話ですね!
飲み屋で使います。(不謹慎っすね。。。 (笑) )
  1. URL |
  2. 2008/05/13(火) 12:23:45 |
  3. 不良公務員 #-
  4. [ 編集 ]

家のハナシでお恥ずかしい・・・。
ひねくれモンの私とは裏腹に子供は純粋でいいですね!
  1. URL |
  2. 2008/05/15(木) 16:44:31 |
  3. いせたつ #FYNxDbdY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://isetatsu.blog98.fc2.com/tb.php/143-054ccb2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

いせたつ

Author:いせたつ

Latest

Comments

Trackback

Archives

Categories

Counter

Counter

現在の閲覧者数:

Search

Links

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。