いせたつの「挑戦者たれ!」

日々心の徒然をそのままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

応援できる人

氷見の地で「富山ブロック第5回会員会議所会議」が開催された。

その中で、来年ASPAC大会を主管する長野JC高澤理事長が、

富山ブロックの各LOMに副主管締結のお願いで挨拶に来られた。

昨年開催されたASPAC台湾チュンリー大会総会において、

長野JCは09ASPAC大会のビッド権を獲得した。

北陸信越地区内の全てのLOMが、

7月に開催される「地区フォーラム」において

副主管締結の調印をお願いしたいとの依頼だった。

我が射水JCとしても、

6月理事会において「ASPAC長野大会副主管受諾」についての

決議をしなければいけない。

昨年私もASPAC台湾チュンリー大会のJAPANナイトにおいての

鈴木直前理事長&BOBBY山本実行委員長の

気迫こもったASPAC長野大会における想いを伝えてもらった。

世界的な会議を、自分の地域で受ける覚悟は相当なものだろう。

副主管受諾についての詳細はまだ未知数のところが多い。

しかしながら、同じ北陸信越地区のメンバーとして、

その志には「応援できる人」でありたい。

志ある人に、理詰めで問答して結果として冷や水をかけることになることは避けたいし、

人としてすべきではないと思っている。

その高澤理事長の汗をかきながらのお願いを聞いていて、

当事者意識を自分自身が感じた。

射水JC6月理事会では、

その想いと具体的な内容についての説明責任を

果たさなくてはいけないと感じている。

精神論で押し通すつもりは毛頭ない。

しかし、受諾しないという論拠を逆に考えても

全くないと思う。

むしろ情熱と覚悟を持っている人には、

いつの時代も

「応援できる人」であるべきだ。

スポンサーサイト
  1. 2008/05/24(土) 01:50:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<責任感 | ホーム | モチベーション>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://isetatsu.blog98.fc2.com/tb.php/154-c9e77919
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

いせたつ

Author:いせたつ

Latest

Comments

Trackback

Archives

Categories

Counter

Counter

現在の閲覧者数:

Search

Links

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。