いせたつの「挑戦者たれ!」

日々心の徒然をそのままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

器(うつわ)

「器(うつわ)」という言葉を親父がよく自分に言った。

親父がいう「器」はそれぞれ己の領分や分際があるのだから無理はするな、

という意味合いだったと思う。

それは親心からだろう。

自分が思春期になってこの考えは親父とは全く正反対だと思った。

自分が考える「器」は、自らがこれだけの容量しかないと思った時点で、

その「器」はそれで終わりだ。

「器」は無限にその容量が広がっていくべきである。

その容器に入れるものは「人」からの産出するものであるべきだ。

「懐の深さ」とも表現する。

「器の大きい人」は実は身近に沢山いる。

そんな視点で毎日を過ごしたい。

スポンサーサイト
  1. 2008/07/09(水) 03:16:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第1回まちづくり談義 | ホーム | CBA2008救命救急講習ならびにボランティア研修会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://isetatsu.blog98.fc2.com/tb.php/202-a562f797
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

いせたつ

Author:いせたつ

Latest

Comments

Trackback

Archives

Categories

Counter

Counter

現在の閲覧者数:

Search

Links

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。