いせたつの「挑戦者たれ!」

日々心の徒然をそのままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヒロシマ「原爆の日」

本日8月6日が人類において唯一の原子爆弾投下がヒロシマであった

ヒロシマ「原爆の日」から63年が経った。

妻のお祖父ちゃんはヒロシマ原爆で被爆して亡くなった。

子供の頃に少年ジャンプに連載されていた

「はだしのゲン」という漫画を見てショックを受けた。

戦争で人を殺すと英雄である。

実社会では殺人は犯罪者として裁かれる。

ここに人間の狂気がある。

どちらも同じ行為なのだ。

非人道的な行為は許されない。

小学6年生の時に友達とフランシスコ・コッポラ監督の「地獄の黙示録」を見た。

ストーリーは訳分からなかったがしばらくはカーツ大佐の顔が出てきて

恐怖のあまり夢でうなされた。

国家が「核」を保有すること。

今の地球上の各国ではその上で外交がある。

外交=国益

自分の国さえよければという利己主義に過ぎない。

このことはすなわち友人同士で笑顔で右手で握手して

左手でピストルをお互いの腹に突きつけている。

そんな状態だ。

日本はアメリカから原爆を落とされた。

しかし、今現在の日本国の安全保障は

アメリカの見えざる「核」に頼っているのが現実である。

世界で唯一の核による被爆国「日本」

もっと国際社会のなかで「核」をどう廃絶していくかを

リーダーシップをとって意見していくべきである。

私達戦後生まれの人間は、ヒロシマのこの意思を受け止めなければいけない。

 「戦争に勝ちも負けもない。あるのは滅びだけである」 

永井隆博士の「平和宣言」の言葉を我々は真摯に受止めなければいけない。

スポンサーサイト
  1. 2008/08/06(水) 21:03:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< | ホーム | 第24回わんぱく相撲全国大会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://isetatsu.blog98.fc2.com/tb.php/228-6bb738ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

いせたつ

Author:いせたつ

Latest

Comments

Trackback

Archives

Categories

Counter

Counter

現在の閲覧者数:

Search

Links

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。