いせたつの「挑戦者たれ!」

日々心の徒然をそのままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

星野道夫展

アラスカの大自然に魅せられ、

かの地を棲家にして、

たぐいまれな自然の世界を描写した写真家「星野道夫氏」(1952~1996年)の

展覧会を見に行った。

息を呑むような写真や文章だった。

現代社会に生きる我々にとって

「生きる」ということの意味を考えさせられ、

また奥深い痛烈なメッセージを感じ取れる。

002.jpg

20060416075454.jpg

d39c84b7.jpg

img_1049.jpg

pht_02.jpg

images.jpg

いのち宿る文章の中で、

自分はこの一文が心に残った。

「結果が、最初の思惑通りにならなくても、
 そこで過ごした時間は確実に存在する。
 そして、最後に意味をもつものは、結果ではなく、
 過ごしてしまった、かけがえのないその時間である。」


極北の世界で峻烈な自然と対峙して生きる世界に憧れを抱くと共に、

人間はあくまでも自然の中のたった一部でしかないことを再認識した。

そして彼の残した写真と言霊が宿った文章から

その一瞬一瞬を大切にして生きた様に感銘を受けた。

心が正座した時間だった。

スポンサーサイト
  1. 2008/10/17(金) 17:30:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「せかいはひとつだ!」事業報告会 | ホーム | 使命>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://isetatsu.blog98.fc2.com/tb.php/286-9c910b2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

いせたつ

Author:いせたつ

Latest

Comments

Trackback

Archives

Categories

Counter

Counter

現在の閲覧者数:

Search

Links

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。