いせたつの「挑戦者たれ!」

日々心の徒然をそのままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

人の前で話すということ

「人の前で話すということ」

このことが生まれながらに得意であるという人間は

詐欺師か政治家しかいない。

できればお友達にはなりたくないタイプである。

世の中の大多数の人は苦手なはずだ。

自分も実は大の苦手である。

今年は役職なので必ずスピーチを沢山の人の前でしなければいけない。

このスピーチ直前の時間が何ともいえず背中に冷や汗だ。

スピーチに関して色んなことを試したが、

ここぞという大事な場面でのスピーチに臨む前に

やっていることは2つある。

①スピーチの内容をとことん時間をかけて文章にする。

②そのスピーチ文章を原稿を見ずに言えるように反復継続してとことん練習する。

某歴代理事長は自分の声をテープに吹き込んで車の中で復唱して練習していたそうだ。

それと自分がいつもスピーチをする時に肝に銘じていること。

それは「人は人の話を聞いていない」という大前提だ。

その場で聞いていても明日になれば忘れてしまうのが人の常だからである。

これはまさしく自分自身が「人の話を聞いていない」からだ(汗)

だから記憶に残るように伝えたいワンフレーズを何度も復唱したり、

出来るだけ分かり易い言葉を使うようにしている。

しかし話術にたけている人の話に惹き込まれるかというと

必ずしもそうではない。

反対に朴訥で決して上手ではない人の話に魅せられ、

感動をもらうことのほうが多い。

その人の生き方や思想、

真剣に人に伝えようという姿勢から

その発する言葉に言霊が宿り人に「伝わる」のだ。

所詮はこのことには決められたものは何もない。

だから別にスピーチが上手くならなくても全然いいのだ。

ありのままで「挑戦者たれ」

スポンサーサイト
  1. 2008/10/24(金) 16:27:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ブロック第9回会員会議所会議 | ホーム | 新入会員ガイダンスを開催します>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://isetatsu.blog98.fc2.com/tb.php/290-633e5ea9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

いせたつ

Author:いせたつ

Latest

Comments

Trackback

Archives

Categories

Counter

Counter

現在の閲覧者数:

Search

Links

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。