いせたつの「挑戦者たれ!」

日々心の徒然をそのままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

勇気を与える人

射水ロータリークラブの例会で講演をした。

JCの理事長として何か喋ってほしいということで

講師としてお招きを受けた。

内容はおまかせだという。

JCを卒業された比較的若い先輩もロータリークラブのメンバーでいるが、

大多数が自分の親父位の年代かそれ以上である。

何を喋ったらよいのかかなり途方にくれた。

そしてそんな悩みを歴代ブロック会長の松井さんに相談した。

するとこんなメールをくれた。


「挑戦者たれ!」この言葉に想いをかけて、早、1年が過ぎたことと思います。
当初の理想に燃えて、もう見え始めたゴールを前に考えることもたくさんあるでしょう。
ご自身の、どんな時も挑む気持ちでいよう、という想いは、正しく貴方の思想です。
恥じることなく、自分の考える思想を講演されることがBESTではないでしょうか。
傍聴される方々は世代も違い、一つのニュースを見ても我々とは感じ方が違うことと思います。
どちらが正しいという問題ではなく、その違いをお知らせするつもりで良いはずです。
その方々は「学ぼう」という姿勢より、「知りたい」という気持ちのほうが強いはず。
であれば、そのニーズに応えることが、もっともなことではないでしょうか。

今一度、「挑戦者たれ!」と決められた日のことを思い出されて、
その時の情熱で、熱い講演をしてきてください。
おとなしいのはダメです。
きっと、そんなことを思い出すための、今回の出来事かもしれないと考えて(笑)
与えていただいた機会を、ご自信のものにできるよう頑張ってください。
先輩方に、成長した「伊勢達哉」を見せてあげてください。



この言葉を聞いて心の底から勇気が出た。

吹っ切れたので思いのたけを振り絞って

「挑戦者たれ」をメインにして

その思いを具体的に事業として何を成したかという事と

今この日本に生きる青年として、

今この射水に生きる青年として

自分が日々考えていることをお話しした。

ロータリークラブの皆さんはどう感じたか分からないが、

この地域にはまだまだ元気な青年がいるんだなと

少しでも感じてくれたならば幸いだ。

そして人に相談された時は

こんな風に勇気や希望を与え、

背中を押してあげれる人になりたいと思った。

人は人でしか磨かれない。

そんな行動の原点こそが

「挑戦者たれ」

スポンサーサイト
  1. 2008/11/27(木) 19:42:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< | ホーム | チームワーク>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://isetatsu.blog98.fc2.com/tb.php/317-bb7637b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

いせたつ

Author:いせたつ

Latest

Comments

Trackback

Archives

Categories

Counter

Counter

現在の閲覧者数:

Search

Links

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。