いせたつの「挑戦者たれ!」

日々心の徒然をそのままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

独りになるということ

いつも周りに沢山の人がいる。

その時は凄く充実しているのだが独りになるとホッとする。

オレは冷たい男ではないのか?

という疑問が脳裏を渦巻くがどうもそうではない。

孤独を楽しむというのだろうか。

家で夜中に便意をもよおし、

静まり返った丑三つ時に家族が寝ている。

その中で独り厠で用をたしている時の感覚に近い。

違う例えなら電車の一人旅だろうか。

周りの喧騒の中で独り車窓からの風景を眺めている瞬間は心地良い。

外的喧騒と内的静寂の対比が著しいほどいい。

たまに休みになると、

誰とどこに行こうかと考えたことがない。

自分がどこに行こうかと思うだけである。

どこの対象は主に場所だが、

わずかに人にだったりもする。

日本人にありがちな集団行動は苦手だ。

どちらかというと放浪するバックパッカーに憧れる。

独りになることが好きなのは

人との関わりのオンとオフの中から、

自分の存在意義をあらためて確認出来るからだろう。

そして行き着くところは個である。

起点は己から。

軽く書こうと思ったが、

またまた相当クドイ。

スポンサーサイト
  1. 2008/12/17(水) 19:38:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<支えられるということ | ホーム | 精神と肉体>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://isetatsu.blog98.fc2.com/tb.php/335-e01c7bc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

いせたつ

Author:いせたつ

Latest

Comments

Trackback

Archives

Categories

Counter

Counter

現在の閲覧者数:

Search

Links

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。