いせたつの「挑戦者たれ!」

日々心の徒然をそのままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

先日珍しくプライベートで先輩と夜の街に繰り出した。

酒は大々好きなので、

飲む時のシュチュエーションにはとことんこだわりがある。

なかなかそんな店と自らが一緒に飲みたい人が

マッチングすることがないので滅多に外には飲みに行かない。

相当な「頑固ジジイ」だ(笑)

そして「酒の一滴は血の一滴」といつも言っているので、

その酒の飲み方で人を判断してしまうきらいがある。

でもこのことは自らの短い人生観だが

不思議と的を得ていると思う。

よく酒に酔って暴言を吐く人がいる。

そんな人に限って翌日に

「あの時は酔っていて本心では無いんです」とのたまう。

それは違う。

酔っているからこそ本心なのだ。

まあノーガキはどうでもいい。

先日ご一緒した先輩は飲みすぎて急性アル中になり

救急車で病院に運ばれてしまった。

笑ってしまった。

豪快でいいではないか。

社会人としていい大人の行動としては×だろう。

しかしその男を大好きな自分としては全くOKだ。

枠にはまらない男は飲み方も豪快だ。

酒は男同士で共鳴することの出来る唯一のツールだ。

もともと男はシャイな生き物なのだ。

酒の力を借りなければ本心を明かせない。

土佐の将軍「山内容堂」の

雅号「鯨海酔候」のように。

「鯨海酔候」とは

「大海原を悠々と泳ぐ海の王者巨鯨のようにおおらかに」

そんな風にこれからも酒を飲んでいきたいものである。

スポンサーサイト
  1. 2009/06/12(金) 22:37:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジャッジ | ホーム | デジイチ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://isetatsu.blog98.fc2.com/tb.php/419-63ad36ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

いせたつ

Author:いせたつ

Latest

Comments

Trackback

Archives

Categories

Counter

Counter

現在の閲覧者数:

Search

Links

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。