いせたつの「挑戦者たれ!」

日々心の徒然をそのままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジャッジ

仕事関係で本日裁判の証人をすることになった。

生涯のうちで出来れば裁判所に出向くことは避けたいものである。

自分的には過去には原告にも被告にもなった経験がある。

どちらも味わったが証人という立場での出廷は初めてだ。

第三者的に傍観するように努めた。

ここ最近「裁判員制度」が擁立された。

この制度については知識も経験もないので

意見することは控えたい。

しかし本日時間を費やして久々の裁判を傍観して気付いた事がある。

当事者同士は己の観点からの主張のみだ。

そしてその事をジャッジする裁判官や弁護士が言葉を発する。

法律的見解からの専門家の意見は貴重だ。

時代背景に伴って法律も当然変わる。

しかし時代背景がいくら変化しようとも

不変な「倫理」や「道徳」という価値基準があるのだ。

要はその両者のバランスが均衡に保たれるかどうかが重要だ。

必要なのは

「正しいことと間違っていること」

という心の判断基準(ジャッジ)だ。

そんなことを今日深く考えさせられた。

スポンサーサイト
  1. 2009/06/23(火) 20:53:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<SOMEDAY | ホーム | >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://isetatsu.blog98.fc2.com/tb.php/421-41565dc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

いせたつ

Author:いせたつ

Latest

Comments

Trackback

Archives

Categories

Counter

Counter

現在の閲覧者数:

Search

Links

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。