いせたつの「挑戦者たれ!」

日々心の徒然をそのままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

通過点

射水JCの第15回定時総会だった。

16年間いつもそばにいたJCが終結を迎えた。

えっ、まだアナタやってんのと思われたかもしれないが、

組織上まだ直前理事長として席はあるのだ。

ここから真面目なハナシ。

己が情熱をかけた組織のリーダーを

引受けてくれた石灰理事長の為に

今年この組織の為に何が出来るかを自問自答した。

人が全身全霊をかけた事は歴史になる。

その歴史は事実だが、

人の琴線に触れるかそうでないかは

またまた勝手なハナシだ。

ある考えでは努力は一般的には

報われないらしい。

アホか。

そんなセオリーはオレは認めない。

ひたむきに努力している姿自体が美しいのだ。

もうJCのことはブログに書くまいと決めていた。

しかし志を受け次いでくれた

石灰理事長の最後の勇姿を見て心で拍手し

しかと彼と握手をした。

16年前と少しだけ自分の住む「まち」が変わったと信じたい。

地方分権や財政難から

市町村合併を余儀なくしなければならなかった。

それも我々JCが火を付けた。

市政に具体的に言及するマニフェスト型公開討論会や、

青少年に夢や希望を与える事業など。

ここにかけてきた時間は大きい。

しかし成果は?

「しつらえ」する側と「受ける」側での視点は違う。

本当は何も全く変わってないのかもしれない。

政治家のたった一言のほうが

射水JC全メンバーの一年間の行動よりも勝っているかもしれない。

しかしいつの時代も

その地域に生きる青年が私利私欲なく

懸命に行動してきたからこそ

今があるのだ。

全身全霊で一年余り組織のリーダーとして

射水JCを牽引してくれた

石灰理事長には本当にお疲れでした!

そして心の底からありがとう。

アナタが本当に好きだ。

献身の心を持って行動で示した

彼の言霊である「返謝勇往」という

スローガンは素晴らしいと思う。

所詮人は一人では生きられない。

人は人に必要とされていることを

実感してこそ己の存在意義を見出す。

アナタの男として生き様を見せてもらいましたよ。

心から感謝しています。

感傷はここまでにして

思い出話は当事者同士のエゴでしかない。

組織にとって人はあくまでも通過点だ。

組織が未来永劫に存続することが大事なのだ。

しかし一個人としてのあがきは、

実は世界よりも大きい。

通過点でも大いに結構だ。

そんな観点から人生のターニングポイントである

「通過点」をあえて楽しみたい。

スポンサーサイト
  1. 2009/12/26(土) 20:42:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あけましておめでとうございます! | ホーム | メリークリスマス!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://isetatsu.blog98.fc2.com/tb.php/456-ee6b1dab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

いせたつ

Author:いせたつ

Latest

Comments

Trackback

Archives

Categories

Counter

Counter

現在の閲覧者数:

Search

Links

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。