いせたつの「挑戦者たれ!」

日々心の徒然をそのままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

民族浄化

今の民主党を見ていると危機感と絶望感を感じる。

特に小沢幹事長。

鳩山総理はどうでもいい。

小沢幹事長は日本の癌だ。

しかもかなり末期症状。

彼の思想は国益よりも自らの保守。そして民主党が大事。

このままでは日本は漂流する。

多分中国の属国になるだろう。

民主党が政権を取って様々な政策を試みている。

子ども手当てや事業仕分けなどはどうでもいい。

問題は日本人が破壊するという政策をとっていることだ。

しかもマニフェストには出していない政策を徐々に出して来ている。

「夫婦別姓」=家庭の崩壊。

「人権擁護法案」=ナチスゲシュタポの再来。

そして極めつけは、

「外国人参政権」だ。

この法案が通れば日本は国家として終焉する。

外交のカードとして北東アジアの各国は

「日本=侵略国家」というカードで攻めてくる。

それは全くのウソだ。

日本人は北東アジアの繁栄に尽力してきた。

「南京大虐殺」は全くの中国の捏造だ。

脱線したが「外国人参政権」はまず憲法違反だ。

参政権は主権たる日本人にしかない。

外国人が選挙権を獲得したいならば帰化したらいい。

ヨーロッパでは外国人参政権が認められている。

しかしそれはEU加盟国などの諸条件がある。

外国の参政権を与える条件と

日本の法案は内容が違う。

小沢幹事長が最近韓国で首脳と密室会議をした。

国の要人同士の会合だが中身は全く報道されてない。

そんなことが許されるのか。

多分予想するに「外国人参政権」について

政府法案で出すということを確約したに違いない。

自国を売るリーダーがどこにいるのか。

国家を滅ぼすのは戦争ではない。

その国民の誇りを長い年月をかけて奪うことである。

一番てっとり早いのは教育だろう。

子供達に日本人の真髄を教えなければいい。

日本人の戦争行為を全て否定する。

それもひとつの考え方だろう。

しかし全ての事に意味があり意義がある。

近現代史の事実を子供達に教える必要がある。

まっさらな子供達に洗脳教育はゴメンだ。

もしかしたらアナタの住んでいる「まち」に外国から移民が沢山来た。

知らないうちにその首長が外国人になっているかもしれない。

人は何かしら国家に帰属している概念があるはずだ。

日本人は日本の発展を願う。

しかし外国人は自国の発展を願う。

その「まち」の未来は・・・。


民族浄化の真実の姿。
外国人参政権~オランダの悲劇

スポンサーサイト
  1. 2010/01/23(土) 21:34:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<人との関係 | ホーム | 平凡な毎日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://isetatsu.blog98.fc2.com/tb.php/467-892e3e8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

いせたつ

Author:いせたつ

Latest

Comments

Trackback

Archives

Categories

Counter

Counter

現在の閲覧者数:

Search

Links

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。