いせたつの「挑戦者たれ!」

日々心の徒然をそのままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

変えてはならない「義」の心

先日射水JCの2月度例会が開催された。

『変えてはならない「義」の心』と題して、

「到知出版社 代表 藤尾秀昭氏」にご講演をいただいた。

fujio-2.jpg

自分が何故この2月に精神性を訴える例会にしたのか?

その理由は、1月に開催した総会・新年祝賀会で2008年度の方向性を示した、

そして2月から具体的に事業が始まる。

この2月例会から一挙にメンバーのモチベーションを最大限に上げて、

ここまま加速して突っ走って行きたいという思いからだ。

藤尾社長の講演は素晴らしく、まだ余韻が冷めやらずにいる。

「人生とは出会いである」

藤尾社長のこのコトバの意味は深い。

人との出会いはもちろんのこと、試練との出会い、書との出会い、様々ある。

「人生という旅は、まだ出会っていない自分と出会う旅である」

人は学び続け、進化し続けるものなのだと。。

この例会を設えてくれた一杉委員長と人間力向上委員会の皆さん、本当にありがとう。

射水JCでは久々に92%の出席率になった。

委員長の熱い想いと、それを裏方で支える多くのメンバーの尽力が、

この例会で成果を出した。

人は人の頑張っている姿や、熱い思いに触れた時に心が揺さぶられるのだ。

最近メンバーの中にも温度差が顕著に見受けられる。それは事実だ。

しかし、やはり人は人に必要とされたいし、感動を求めている事をこの例会で実感した。

私をはじめとする執行部として、

メンバーの魂に火をつける設えをする責任があるということなのだ。

私達が行っている全ての活動は意味があり、意義がある。

そのことを理解すれば、一人ひとりの価値観が創出される。

その個の価値観が各々触れあい、組織としてプラスの方向性を見出したときに、

成果が表れ、我々の絆が育まれるのではないか。

この時期に達成感を味わいすぎだと言われるかもしれない。

しかし、感動した事は全員で共有して、お互いその感動をコトバに発することにより、

また相乗効果が生まれると信じている。

スポンサーサイト
  1. 2008/02/08(金) 01:18:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<WE BELIEVE1月号 | ホーム | 指きりげんまん>>

コメント

理事長、このような挑戦の機会を与えてくださり、本当にありがとうございました。
人間力向上委員会としては、2008年の射水JCのステージ創りは、私たちたちなりにできたのではないかと思っております。
もちろん、反省すべき点は反省し、次の事業に活かしたいと思います。
2月例会を終えて、あらためてこれからがスタートだと感じているところであります。
引き続き、精一杯挑戦してまいります!
  1. URL |
  2. 2008/02/08(金) 12:14:07 |
  3. いちすぎ #-
  4. [ 編集 ]

一杉委員長、コメントありがとう。
挑戦してくれたからこそ成果を出すことができた。
その情熱が皆に伝播した。
また、委員会が一丸となっているのも肌で感じます。

今後も期待してます!
  1. URL |
  2. 2008/02/08(金) 13:32:46 |
  3. いせたつ #FYNxDbdY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://isetatsu.blog98.fc2.com/tb.php/53-f2d1fbd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

いせたつ

Author:いせたつ

Latest

Comments

Trackback

Archives

Categories

Counter

Counter

現在の閲覧者数:

Search

Links

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。