いせたつの「挑戦者たれ!」

日々心の徒然をそのままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

出向

JCは出向という制度がある。

射水JCに所属しながら、富山ブロック協議会・北陸信越地区協議会・日本JCと、

その気になれば無数の選択肢がある。

本日、北陸信越地区協議会「故郷の誇り創造委員会」スタッフ会議が

射水JC事務局で開催された。

この委員会には桶谷副会長はじめ、

橋場君・井波君・板谷君・豆川君・越後君・石倉君が出向してもらっている。

多数のメンバーを射水JCからを出向させてもらっているこの委員会に、

感謝の意を表したいと挨拶をさせてもらった。

この元気の塊のメンバーなら、

必ずしや委員会のミッションを遂行してくれるだろうという期待の気持ちで一杯だ。

自分も過去にブロックに3回、日本JCに2回出向した。

日本JCにスタッフで出向した時は激務で、

委員会の最中に立ったまま寝ていたこともあった(笑)

自分の中で出向は絶対に失敗が許されないところという基本方針を持っている。

皆、各々が所属しているLOMの看板を背負って行動しなければならない。

そこには責任があるのはもちろんのこと成果も求められる。

自分が日本JCにスタッフとして出向し、最初の予定者第1回委員会を東京で開催した時に、

設営の段取り不足で開始時間が少々遅れた。

理事長経験者が多数メンバーでいた委員会だったからかもしれないが、

その後に委員会メンバーから「どうしてなのか?」という苦言を多数いただいた。

全国から仕事を調整して、

高い交通費を払って来てくれるメンバーの気持ちを考えれば当然の事だ。

その時の宮崎さんという那覇JCから出向の委員長が、

自分と高田顧問に多大な影響を与えてくれた。

尊敬出来る人とはこんな人なんだ、

こんな人が同世代でいるんだと感銘した。

人が3日かかって考えることを、5分でやってしまうような人だった。

そして、優しさに溢れている人だった。

その義理人情に心の底から打たれた

沖縄から射水JCの認証証伝達式に駆け付けてくれた時は、別れ際に涙が出た。

自分自身、この先輩からリーダーシップを学び、

絶対理事長を目指さなければと決意したことが昨日のようだ。

出向は、自分自身への挑戦なのだ。

素晴らしい出会いが必ずある。

その「袖触れ合う縁」を生かすも殺すも自分自身なのだ。

住んでる地域は違えど、故郷を愛し、

行動している人に出会った時に、人ならば必ずしや影響を受けるはずだ。

そんな感銘を胸に抱いたならば、己が自ら行動しなければいけないという精神性、

それが「挑戦たれ」なのだ。

スポンサーサイト
  1. 2008/03/05(水) 00:41:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<WE BELIEVE2月号 | ホーム | 姉妹JC>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://isetatsu.blog98.fc2.com/tb.php/80-4bc789a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

いせたつ

Author:いせたつ

Latest

Comments

Trackback

Archives

Categories

Counter

Counter

現在の閲覧者数:

Search

Links

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。